2020年05月24日

「斎藤さっこ&市井早苗…オトモノガタリ」

齊藤さっこ.jpg市井早苗.jpeg
残念ですが、公演中止のお知らせ。
現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、
5月24日に予定しておりました下記公演の中止を決定致しましたので、お知らせいたします。


5/24(日)13:30〜 ¥2500(子供¥1000)
「斎藤さっこ&市井早苗…オトモノガタリ」
齊藤さっこ(Piano & Vocal) 市井早苗(Story & 朗読)
2019年11月にキングレコードよりメジャーデビューした齊藤さっこの音にインスパイアされ、市井早苗が曲をテーマにオリジナルストーリーを執筆。市井早苗が
W主演を果たし、齊藤さっこが主題歌のピアノと歌を担当した映画「無防備」(監督・脚本 市井昌秀)から13年、齊藤さっこの一部と化したピアノの旋律と飾らな
い、そのままの言葉が一体になった「音楽」それはまるで、音で描かれた映画のよう。
目の前に色鮮やかな情景が浮かび上がりその世界の温度や空気さえ感じるスペシャルな時間を是非、ご堪能下さい🌹
🎫ご予約はこちらからお願いします🎫
https://www.kokuchpro.com/event/otomonogatari/

🎹 齊藤さっこ 🎹
ピアノ弾き語りシンガーソングライター
1980生まれ、佐賀県鳥栖市出身、東京都在住ものごころつく前からピアノを弾く。クラシックを学ぶ一方で、ピアノひとり遊びにいそしむ。中学時代からシーケンサーで打ち込み、詞・曲を作り歌い始める。
早稲田大学政治経済学部卒業。
在学中は自身の音楽活動と並行してキーボーディストとしてバンドに参加。
卒業後の2003年からピアノ弾き語りでライブ活動を開始。
現在、東京を拠点に全国各地をまわり年間100本以上のライブを行い、各地で好評を得る。
これまでに自主製作アルバム8枚、その他ライブ会場限定販売音源、
2019年11月6日キングレコードよりメジャーデビューアルバムをリリース。
2008年公開の映画「無防備」(市井昌秀監督)の主題歌ではピアノと歌を担当。
短編映画を見るような静かな景色の中に、聴く人の心に寄り添う言葉がきっとあるはず。
物語るようなピアノにのせて歌われるのは、見逃しそうな日常のささやかな愛。そしてすべてを肯定した後に始まる、平和な世界への祈り。
https://www.saitou-sacco.com/

📝 市井早苗 📝
1978生まれ。金沢市在住。
役者として舞台を中心に活動後、2007年、夫でもある映画監督・市井昌秀監督作品「無防備」でにてW主演を務める。
第13回釜山国際映画祭コンペティション部門最高賞を受賞。審査委員長を務めたフランスの女優アンナ・カリーナ(Anna Karina)は「両作品とも女性を描いた美しい作品。とても真実味があり、シンプルで、作品の印象がずっと心に残る」と称賛した。同作品は数々の映画賞を受賞。第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品され、国内外から高い支持を得る。
2013年、同監督作品、星野源・夏帆主演「箱入り息子の恋」の原作本を監督と共著。
2019年、市井昌秀との夫婦ユニット「市井点線」を結成。
同年、劇場公開された草g剛主演「台風家族」の小説を執筆。
小説「台風家族」は台湾での出版が決定している。
http://taifu-kazoku.com/novel/index.html
posted by mokkiriya at 00:00| 2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする