2012年11月02日

しらいしりょうこ Live Tour 2012 "Feels like home"

しらいしりょうこアー写.jpg
11/2(金)19:30〜 前売¥3000
「しらいしりょうこ Live Tour 2012 "Feels like home"」
Ç(vo,p)
http://www.shiraishiryoko.com/
ピアノを弾きながら歌うチャーミングなシンガーソングライターしらいしりょうこのライブです。
端正なピアノとリリカルなボイス、恵まれたルックス、そしてメロディアスな彼女のオリジナルはとっても魅力的です。柴草怜や高宮マキなどもっきりやでおなじみのメンバーとも親交のある彼女、まずは画像でその魅力をお確かめ下さい。
http://www.youtube.com/user/ChiffonRecords
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

MAGICAL CHAIN CARAVAN vol.3...ウルフルケイスケ&リクオ

KeisukeRikuo_WEB.jpg
11/4(日)19:00〜 前売¥3500
「MAGICAL CHAIN CARAVAN vol.3...ウルフルケイスケ&リクオ」
ウルフルケイスケ(vo,g) リクオ(vo,p)
http://ulfulkeisuke.com/
昨年に続いての二人のジョイントライブ、MAGICAL CHAIN CLUB BANDでの東名阪先行レコ発ワンマンツアー後の怒涛の秋ツアーです。
二人の魅力、ここで書くまでもなくみなさんがご存知でしょう、ロックンロールとブルーズの魂が溶け合った素晴らしいステージです。
熱く楽しくやりましょう!
バンドのではありますがこの映像を。
http://www.youtube.com/watch?v=hSrAjCtejfU
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

中村健吾 "Songs in My Life Time" CD発売記念ライブ

kengonakamura-1-334x500.jpgstacy-WEB.jpgAKANEMATSUMOTO.jpgshunsukeumino_02-thumbnail2.jpg

11/5(月)19:30〜 前売¥4000
「中村健吾 "Songs in My Life Time" CD発売記念ライブ」
中村健吾(b)ステイシー・ディラード(sax)松本茜(p)海野俊輔(ds)
http://www.kengonakamura.com/
http://www.stacydillard.net/live/
http://akanejazz.com/akanejazz/Welcome.html
http://yaplog.jp/umishun/
中村健吾の新作 "Songs in My Life Time"を聴きました。
ネオ・ハードバップど真ん中の3管バンド、気持ちいいくらいストレートです。しかも今度のライブ、このレコーディングにも参加している、テナー、ソプラノサックスのステイシー・ディラードも入ったカルテット、ピアノは「フィニアスに恋して」でデビューした話題の松本茜、という魅力的なメンバーです。
中村健吾の日本人離れした太いグルーヴィーなウッドベースにのって、華やかに展開される生粋のハードバップの魅力、思いっきり楽しんでください。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

SHOKO SINGS LADY DAY...天野昇子

shoko.jpgFUKUDA.jpgKAGAWA.jpg
11/6(火)19:30〜 前売¥4000
「SHOKO SINGS LADY DAY...天野昇子」
天野昇子(vo) 福田重男(p) 香川裕史(b)
http://www.nycnyusa.net/shoko/
http://shigeofukuda.cool.coocan.jp/
今もニューヨークで活躍するジャズボーカル天野昇子の登場です。
こちらも2枚のニューヨーク録音のアルバムが光るピアノの福田重男との生粋のジャズボーカル、お楽しみください。

(プロフィル)
1974年、英国留学の後渡米、LA、シカゴでキャリアをみがきながら1984年にニューヨークに移り、ノーマン・シモンズの指導で更に自身の歌の才能を磨くことになる。SHOKO CELEBRATES IN NEW YORK CITY や 500 MILES HIGH などのアルバムを発表し、 ノーマン・シモンズ、フランク・ウェスらのバンドで、ブルーノートやエディーコンドンジャズクラブ、ウォドルフアストリアホテル、カーネギーホール、リンカーンセンターなどに出演。以後 INTIMATELY YOURS、FLY ME TO THE MOON、THE GOOD LIFE を発表,世界中を舞台に本格的ジャズボーカリストとして現在に至る。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

瀬木貴将&榊原大デュオライブ〜秋の夜〜

瀬木貴将-WEB.jpg榊原大-WEB.jpg

11/7(水)19:30〜 前売¥3500
「瀬木貴将&榊原大デュオライブ〜秋の夜〜」
瀬木貴将(zampona&quena) 榊原大(pf)
http://www.sakakibaradai.com/
http://www2j.biglobe.ne.jp/~segi/
はい、またまたお楽しみ、せぎっちと大さんの秋の一夜です。
毎回の楽しみ、それは卓越した二人の演奏とともに温かな人柄の表れたステージにあります。今回もツーカーの二人のやりとり、そして勿論アンデスの風を感じさせるフォルクローレの調べにのせて冴え渡る二人のソロ、秋の夜の調べをお楽しみください。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

伊藤芳輝 from SPANISH CONNECTION

ITO.jpg

11/8(木)19:30〜 ¥2500
「伊藤芳輝 from SPANISH CONNECTION」
伊藤芳輝(g)
http://www.spanishconnection.jp/
スパニッシュコネクションの勇姿、夏の七尾で聴いた人も多いと思いますが、エキゾチックなサウンドのキーになっているのが伊藤芳輝のスパニッシュギター、テクニックも凄いのですが、込められた想いの発露はまさにギターソロのハイライト、スパコネの時より少しだけ間口を広げたレパートリーも魅力です。
スパニッシュギターにはぴったりの季節、ロマンティックに決めてみましょう。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

「LIFE〜source of energy...フライドプライド」

8月はご迷惑おかけしました。全快です、帰って来た横田明記男、みなさんに最高のプレイをお約束します。
というわけで仕切り直し!
FRIED PRIDEのブログにはこんな素敵な写真が載っていました。

YOKOTA-WEB.jpg

F,P,WEB.jpgFP-JACK-WEB.jpg

11/9(金)19:30〜 前売¥5000
「帰って来た横田明記男:LIFE〜source of energy...フライドプライド」
SHIHO(vo) 横田明記男(g)
http://www.friedpride.com/
お待たせしました、最高の唄、最高のギター、最高のユニットです!
新作「LIFE〜source of energy」を持っての本当に久しぶりのもっきりや!

5年ほど前のライブの時感動してこんな感想を書きました。その気持ちは今も変わっていません。こうです。
「今のジャズシーンのトップを走る華やかなフラプラですが、僕はどうも出来上がったサウンドの面白さ、鮮烈さだけでこんなにほれこんでるわけではないようです。
誰も到達できないような地平を走りながら、この二人にはどこか、今自分がいる位置に対する感謝の思いがあふれているような気がするのです。
ライトを浴びてギターを弾き歌を歌う、それを今こんなに楽しくやっていられる、ということへの感謝、といってもいいかもしれません。
もっきりやへ来るいろんな人達はそれぞれ個性的で、フランクな人、近寄りがたそうな人、明るい人、あんまりそうじゃない人、といろいろですが、音楽する歓びがステージに「いつも」溢れている人はそうはいません。
ずばぬけたステージを展開しながら、どこかちょっと恥ずかしそうに見える魅力はどこから来るものなのでしょうか。
音とは別に彼らのそんな魅力を伝えて行くのも店側の任務かもしれません。」

まだフラプラ体験のない方、ぜひぜひ一度!
知ってる人は勿論またお会いしましょう。
とりあえずこの歌声を。
http://www.youtube.com/watch?v=6vSoYNNNYxs
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

「坂道のアポロン」で話題の 松永貴志ピアノソロライブツアー 2012

takashi-matsunaga-web.jpg
11/10(土)19:30〜 前売・予約¥3500
「坂道のアポロン」で話題の 松永貴志ピアノソロライブツアー 2012
松永貴志(p)
http://www.takashimatsunaga.com/
待望の松永貴志初ライブが決まりました。
アニメ「坂道のアポロン」の中で薫のピアノ演奏を担当、「報道ステーション」前テーマ曲など数々のTV番組の楽曲を手掛ける天才ピアニスト松永貴志!ジャズスタンダード、坂道のアポロン、自身の作曲したTVテーマ曲などを中心に演奏するピアノソロライブ!

1986年、兵庫県生まれ。
13歳で巨匠ハンク・ジョーンズに絶賛される。若干17歳でアルバム「TAKASHI」(EMI)でメジャーデビュー。ベストセラーとなる。同年「東京JAZZ’2003’」に出演し、ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。
2004年、全米、およびヨーロッパ、アジア各国で「STORM ZONE」発表。ブルーノート・レーベル70年の歴史上、最年少のリーダー録音記録を樹立。第14回「出光音楽賞」受賞。
その後、テレビ朝日系「報道ステーション」のテーマ曲「オープン・マインド」を作曲、演奏。これを機にテレビ番組「新報道2001」CX系、「激論!クロスファイア」BS朝日、「NEWSゆう+」朝日放送などのテーマ曲、ドコモ関西CMを手掛ける。
クラシック音楽にも積極的に取り組み、サントリーホールで故・岩城宏之氏指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団と共演し、大絶賛される。ガーシュウィン、ショスタコビッチ、モーツァルトなどの曲を数々のオーケストラと共演する。
近年は、ダンサーとの共演、ポップスのアルバムへの参加、編曲など活動の幅を広げている。
2012年4月〜「坂道のアポロン」(CX系アニメノイタミナ)の中で、主人公西見薫のピアノを全て演奏。また、劇伴楽曲を3曲提供、プロデューサー菅野よう子とコラボレーションを果たした。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

音速ライン

ONSOKU LINE.jpg

11/11(日)18:00〜 前売¥3000
「音速ライン」
音速ライン:藤井敬之(vo,g)大久保剛(b)
http://onso9line.com/

単純に"良い楽曲"の一言で 一気にその名を広めた【音速ライン】 どこか切ない懐かしさを運んでくれる珠玉のメロディと言葉たち…
せわしいだけの日常をフッと忘れさせてくれる、
そんな【スローライフ主義】なバンド、それが音速ラインです!
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

SONOROSA 2012

sonorosa.JPG

11/12(月)19:30〜 ¥2000
「SONOROSA 2012」
井上みつる(g,vo) ジュリア(vo)
http://www.sonorosa.jp/
今年もまたゆるーくブラジルしている「SONOROSA」の登場です。クワガタ博士でもある井上みつるさんと昆虫の話でも、と思うのですがいつもブラジル音楽の話になってしまいます。あたたかなハートが魅力的なジュリアの唄と井上みつるのセンシティブなギター!
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

唄者 uta_sha...上間 綾乃

UEMAAYANO.jpg
11/13(火)19:30〜 前売¥4000
「唄者 uta_sha...上間 綾乃」
上間 綾乃(Vo・三線)伊集タツヤ(Gt)田代浩一(Per)
http://columbia.jp/uemaayano/
沖縄の想いを伝える、魂の唄者「上間綾乃」、沖縄県内はもとより、東京、大阪を始めとする全国各地でライブ活動を行っており、吉祥寺・スターパインズカフェや京都・磔磔を満席にするなど、既に日本各地で多くのファンを獲得している上間綾乃がついにもっきりやへやって来ます。。
民謡で培ったこぶしと地声の力強さと、裏声に変わる瞬間見せる女性的なしなやかさのコントラストが圧倒的な唄の力となり表出していきます。

この美しい歌声をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=ZPO4WGWp7RU
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

GINGERBREAD BOYS

GINGER B.BOYS.JPG
11/14(水)19:30〜 ¥3000
「GINGERBREAD BOYS」
横尾昌二郎(tp)浅井良将(as)大友孝彰(p)権上康志(b)斉藤洋平(ds)
http://gingerbread.boy.jp/
関西最高のハードバッパーズ、熱気のストレートジャズです。一人一人の高い音楽性に加えてバップへの愛、そこに関西ジャズの魅力も加わって関西版VSOPの魅力を楽しんでください。
金沢でもジャズを目指す全ての人達に聴いてほしいコンサートです。
http://www.youtube.com/watch?v=TolEw_f4AHQ
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

LUNA & 大石学...Natural

LUNA.JPGOISHI.jpg
11/15(木)19:30〜 前売¥3000
「LUNA & 大石学...Natural」
LUNA(vo) 大石学(p)
http://www.jazz-luna.com/
http://www.cd-v.net/ohishi/
前作「Everything Must Change」がJAZZ LIFE誌の“MY BEST ALBUM 2009”に選出され、更にスイングジャーナル誌の2009年のジャズディスク大賞にもノミネートされたLUNA、新作「NATURAL」はピュアに名手大石学とのデュオ、スタンダード・オンリーのヴォーカリストとはまた違ったソウルフルなヴォイスが魅力です。
その魅力を彼女の言葉で伝えてもらいましょう。

前作のCD発売より二年間のデュオによる数々のライブツアーを経て、この二人ならではの音世界を創り出しました。
今回は二人の共作オリジナルを中心にスタンダードを織り交ぜた、全10曲のアルバム。
英語だけなく日本語でも二曲書いているので、ジャズ好きな方に限らず、
老若男女問わず多くの皆様にお楽しみに頂ける作品に仕上がりました。
歌好きな方はもちろん、ピアノ好きな方にもぜひ聴いていただきたく、二人の名義で出すことにしました。
私の楽曲と詩と歌、大石さんの楽曲とピアノが共に織り成し描き出す様々な景色をお届けします。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

池田聡...ぶらりツアー金沢

池田聡1.jpg
11/16(金)19:30〜 前売¥4000
「池田聡...ぶらりツアー金沢」
池田聡(vo,g)
http://www.satoshi.net/index.php
1986年8月、日本大学理工学部在学中に「モノクローム・ヴィーナス」でデビュー、いきなり50万枚のヒットとなった池田聡、初めてのもっきりやです。
都会的で深みのある歌の世界観を持つ彼の唄、ぜひ目の前で。
http://www.youtube.com/watch?v=26t5t7DHYIg
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

ENCOUNTER 2012

encounter-mini-c9cb2.jpg
11/17(土)19:30〜 前売¥4000(学生¥2500)
「ENCOUNTER 2012」
堀秀彰(p)浜崎航(ts)高瀬裕(b) 広瀬潤次(ds)
http://horinky.withmusic.jp/encounter/
俊英ピアニスト堀秀彰と絶好調浜崎航のテナーが映えるモダンジャズの最前線!
国内最高峰のジャズメンたちのグループで活躍する浜崎航と堀秀彰が出会い、夢を語り合い、想いをカタチにした。それが'ENCOUNTER'。結成から5年、9月にはモンタレイジャズフェスティバルにも出演、世界に広がるENCOUNTERの魅力、火を噴くかのような熱いグルーヴは必見です。
http://www.youtube.com/watch?v=zEKb5DKpu0c&feature=relmfu
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

岩瀬敬吾きまぐれツアー平成24年〜金沢で逢いましょう〜

iwasekeigo.jpg

11/18(日)18:00〜 前売¥2500
「岩瀬敬吾きまぐれツアー平成24年〜金沢で逢いましょう〜」 
岩瀬敬吾(vo,g)
http://iwasekeigo-official.jimdo.com/

自己紹介: 生年月日: 1978年8月29日
出身地: 広島県東広島市(旧加茂郡)黒瀬町
横浜市在住。おそらく永住。
ミュージシャン。1998年 「19(ジューク)」としてビクターよりデビュー。
2002年、一身上の都合により解散。
同年フォーライフよりソロデビュー。
その後レインボーエンタテインメントに移籍。
2011年、自主レーベル「Näkemiin Records」を立ち上げる。
それと同時に始めたきまぐれone-man、各地で絶賛開催中。
2012年、呉観光特使に任命。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

中山ラビ LIVE with 梅津和時

NAKAYAMARAVI.jpgUMEZU.jpg

11/19(月)19:30〜 前売¥3500
「中山ラビ LIVE with 梅津和時」
中山ラビ(vo,g)梅津和時(sax,cl) 高橋誠(p) リョータロー(acc)
http://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/

とにかくこれ聴いてみてください。どうです!?
http://www.youtube.com/watch?v=U7HwLfp6ClY
今時こんなことできるのラビさん以外にはいません。西部講堂での浅川マキのライブを思い出します。梅津さんのエキセントリックなアルトにインスパイアされるラビさんのシャウトは、きっとみんなの心の奥底にザワザワとした何かを植え付けるはずです。

ラビさんがどんな人かを書き出すとそのまま70年以降のカウンターカルチャーの歴史になってしまいます。で、それはウエブにまかせて、一つだけ、今回のライブの資料と一緒に芝居のチラシが入ってました。
出し物は寺山修司の「上海異人娼館」、イラストは宇野亜喜良、演出が「新宿梁山泊」の金守珍、キャストにはラビさんは勿論、吉田日出子、フラワー・メグ、音楽には黒色すみれ、11/1〜11の間池袋の東京芸術劇場で公演です。(ちなみに音響は大貫誉、
梁山泊のメンバーですが金大の「らくだ』出身、元ペーパームーンのバイトです)
この圧倒的な昭和の香りはどうでしょう。
「ひらひら」という唄にあの頃の金沢のリブの女性達(思わず女の子達と書きそうになりました、まずいよね。)が心酔(というよりいつも口ずさんでいた、という方が)していたのが何というか懐かしく思えます。
ラビさん、実は国分寺の「ほんやら洞」のオーナー(ママと言った方がいいかも)です。
もっきりやをやっている僕としては微妙な連帯感があるのですが、何せラビさん初めてのライブ、まずはこの一回目をちゃんとやることで連帯を表明したいと思います。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

「渡辺香津美JAZZ回帰DUO 2012」

+++WatanabeKazumi-WEB.jpg井上陽介-WEB.jpg
11/21(水)19:30〜 前売¥4500
「渡辺香津美JAZZ回帰DUO 2012」
渡辺香津美(g)井上陽介(b)
http://www.kazumiwatanabe.net/
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/3814/
前回の凄まじいデュオがまだ鮮烈な「渡辺香津美JAZZ回帰DUO」、最高の拍手で迎えましょう。最初に香津美さんを聴いたのがまだ片町にあったYORKでの鈴木勳のBLUE CITY、天才ギタリスト現れる、の噂にたがわず、そのプレイは聴く者を圧倒しました。もう40年も前のことです。
あれからずっと先頭を走り続けた香津美さん、もっきりやでは山下洋輔との至高のデュオなんてのも実現しました。そして今、原点に回帰、とあえてタイトライズされたジャズギターの粋、必見必聴です。
お相手はマエストロ井上陽介、なんて贅沢な夜でしょう。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

「WAYNO(ウェイノ)...アンデスの風」

WAYNO-WEB.jpg
11/22(木)19:30〜 ¥2500
「WAYNO(ウェイノ)...アンデスの風」
Luis Vilcheres ルイス ビルチェレス(ケーナ、サンポーニャ)
Francisco ‘pancho’ Rodriguez パンチョ ロドリゲス(ギター、ボーカル)
Leider Dolado レイデル ドラド(チャランゴ、ボーカル)
Cesar Fereyra セサ フェレイラ(パーカッション)
谷中秀治(ベース、ボーカル)
http://www.bbt.co.jp/BB/live/wayno.html
ペルー出身のルイスによって1989年に結成。アンデス民謡の古典から、現代の曲や自作曲など幅広く、ニューヨークを中心にアメリカ、ヨーロッパで活動。また、年2回来日の際には、富山を拠点に全国でコンサート・ライブ活動を行うほか、寺院、学校、施設への慰問も行い、好評を得ている。
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

福本陽子カルテット...晩秋の金沢

FUKUMOTO4-WEB.jpg

11/23(金・祝)19:30〜 ¥2500
「福本陽子カルテット」
福本陽子(as)船山美也子(p)小林航太朗(b)岡部朋幸(ds)
http://yokofswing.exblog.jp/
もう三回目です。
2007年横浜ジャズプロムナード・ジャズコンペティションでグランプリを取ったチャーミングなアルトサックス、福本陽子の仲良し4人組、正しく明快なモダンジャズです。ぜひファンになりましょう。
毎回金沢工大とのコラボでいろんなイベントを実現させているようですが、どれも好評のようで、金沢でのいろんなイベントが可能になっていきますように。
こんな曲を。
http://www.youtube.com/watch?v=vWB-bdHWkGQ
posted by mokkiriya at 18:07| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

「白井貴子:" HAPPY BLUES NO.1" at KANAZAWA」

白井貴子 アーティスト写真.jpg
11/24(土)19:00〜 前売¥5000(1ドリンク付)
「白井貴子:" HAPPY BLUES NO.1" at KANAZAWA」
白井貴子(vo) 本田清己(g)
http://www.takako-shirai.jp/
祝!白井貴子30周年アニバーサリー & 第一回氷見絆国際映画祭
最優秀音楽賞受!初の映画音楽アルバム発売記念ライブ

80年代「TAKAKO & The CRAZY BOYS」時代からの仲間
本田清巳(ホンチ)とお送りするアコースティックライブ。 
 ニューアルバム「HAPPY BLUES NO1」からは勿論!
北陸が生んだ偉人、高峰譲吉博士の史実を綴った映画「TAKAMINE〜アメリカに桜を咲かせた男」主題歌「SAKURA SAKURA 幸せの架け橋」他、できる限りこれまでの曲のリクエストにもお答えします!
久しぶりの金沢市内のライブ!アットホームなひと時をどうぞお楽しみに!
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

あっぱ「MANTRA」リリースツアー@金沢もっきりや

izawa.jpghorita.jpgsato.jpg

おかげさまで前売り券はSOLD OUTです。当日券は状況に応じてとなります。
11/28(水)20:00〜 前売¥3000
「あっぱ「MANTRA」リリースツアー@金沢もっきりや」
あっぱ:伊澤啓太郎(p,vo) 堀田秀顕(b) 佐藤一人(ds)
http://www.appa.asia/
また一つ、もっきりやには新鮮なバンドを紹介できます。
椎名林檎の「東京事変」のピアニスト伊澤 一葉こと伊澤 啓太郎をフューチャーした3ピースバンド「あっぱ」です!

あっぱプロフィール
伊澤啓太郎(Pf&Vo)、佐藤一人(Dr)、堀田秀顕(B)からなる3ピース・バンド。2004年、舞台音楽の制作をきっかけに出会った3人で結成。
都内を中心にライヴ活動を続け、2008年1stアルバム『ラシポ紀』、2012年2ndアルバム『MANTRA』をリリース。
強く温かく、たくさんの感情がつまって耳と心に残る全天候型のポップソングを奏でている。
http://www.youtube.com/watch?v=aAm9e8VGw2A

APPA.jpg
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

WALTER LANG PIANO SOLO

walter lang.jpg

11/30(金)19:30〜 前売¥3500
「WALTER LANG PIANO SOLO」
ウオルター・ラング(p)
http://www.walterlang.de/
ドイツのシュツットガルト出身、バークリー経由、タッチのきれいな、見事にユアローピアンジャズ・ピアノそのものというピアニストです。
どうも昔のECMレーベルに憧れがあるらしく、選曲、スタイルともにあの頃の幸福な時代のピアノジャズを彷彿させます。
久しぶりのもっきりや、ベーゼンドルファーと一人向かい合うウオルター・ラングのピアニッシモ、聴き逃がさないでください。

こんな美しい"ESTATE"、聴いた事ないでしょう?
http://www.youtube.com/watch?v=buA1ZsDTHho
posted by mokkiriya at 00:00| 2012年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする