2013年03月02日

「踊ろうマチルダ....冬の終りの北陸ツアー」

MATIRDA-WEB.jpg

3/2(土)19:30〜 ¥3000
「踊ろうマチルダ....冬の終りの北陸ツアー」
踊ろうマチルダ(vo,g,acdn)
http://odoromatilda.com/
FUJI ROCKや「勝手にウッドストック」などにも出演、ずっと気になっていた「踊ろうマチルダ」のライブが実現します。トム・ウエイツの好きな人は絶対です!

(PROFILE)
ツルベノブヒロのソロ・プロジェクト。
アーティストネームは、オーストラリアの古い歌「Walzting Matilda」が由来。
マチルダは荷物の意。「マチルダ(荷物)と踊る」というのは「放浪の旅をする」といった意味を指す。

'97 ソロ「釣部修宏」として活動。
'03 バンド「Nancy Whiskey」として活動する。
'07 バンドを解散しソロに。本格的にライブ活動を全国に拡げる為、福井から東京に活動の拠点を移す。
'08 アーティスト名を「踊ろうマチルダ」に。同年秋、初のミニアルバム『Hush』
'09 セカンドミニアルバム「夜の支配者」release。
'10 10月「踊ろうマチルダ・ライブ301本目」を記念して東京で2daysイベントを開催。
  12月弾き語りアルバム「故郷の空」release。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

「吉田慶子...ひな祭りの夜」

吉田慶子2013ーウェブ.jpg
3/3(日)19:00〜 前売¥3000
「吉田慶子...ひな祭りの夜」
吉田慶子(vo,g)
http://keicoyoshida.jugem.jp/
お待たせしました、やっとやっとの吉田慶子さんです。
二年ぶり以上、東北の震災で彼女も猫と福島から東京へ緊急避難、旅に出るのはなかなかむずかしかったようです。
思い出してみると最初に彼女の歌を聴いたのはもう8年も前です。長谷川きよしとの至高のデュオ「プレリュードのサンバ」、ミルトン・ナシメントの「トラヴェッシア」など誰もが心を奪われる名曲から、そっと咲く小さな花のような佳曲まで、彼女の歌声は静かに、でも凛として聴く人に届きます。
本当に久しぶりの金沢、魅惑のサンバカンソンの数々、いっぱい歌ってもらいましょう。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

「MASATO...今津雅仁&フレンズ」

IMAZUMASATO.jpg

3/4(月)19:30〜 ¥3000
「MASATO...今津雅仁&フレンズ」
今津雅仁(ts)平尾隆(p)大菅麻衣子(b)宮下潤(g)
http://jazzirugi.exblog.jp/12800204
今津雅仁というテナーサックス奏者を知ってますか?
吉岡秀晃トリオをバックにA面頭からブルーノート・サウンズで迫るハードバップの傑作「MASATO」は、バブルに踊る日本ジャズ界にカツをいれる堂々たるメインストリームジャズでした。その後もマンハッタンジャズクインテットとタメをはったり、
[日本ジャズマン部門】 【テナーサックス部門】 【作曲家部門】 【グループ部門】
の4部門のポールウイナーを同時受賞したりと、まさに「時の人」でした。
あれから25年ちかく、今津雅仁、突然のライブ実現です。
ほとんど四半世紀、きっといろいろあっただろうジャズマンの道程は、更なる歌心で僕たちに語りかけてくるのでしょう。
これがテナーだ、という圧倒的な姿、ぜひぜひみなさんに聴いてもらいたいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=taGf2aHSGRU

1957年2月15日神戸市生まれ
17歳でプロデビュー以来、頑固なまでに「ハード・バップ・ジャズ」一筋に作曲・演奏を続ける。フュージョン全盛期にも安易に時流に乗ることを拒み、バップ基調のオリジナル曲だけを収録した三枚の自主制作アルバムが、評論家やジャズ関係者の話題となる。
メジャーデビュー・アルバム【MASATO】で「第23回日本ジャズ大賞」を受賞する。
(新人としての受賞は史上初の快挙)
翌年、アルバム【He Said…】が「第24回日本ジャズ大賞制作企画賞」に輝く。
ここ数年は韓国でのライブ演奏を精力的に行なっていたが、2012年から開始した若手ミュージシャン達とのコラボ・セッションがリスナーの間で好評となり、昨年12月より単なるセッションでは無くオリジナリティ豊かな選曲で東京都内、横浜近郊でのライブ活動を再開している。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

「奇妙礼太郎 全国弾き語りソロツアー2013」

kimyo.jpg

3/6(水)19:00〜 前売¥3000
「奇妙礼太郎 全国弾き語りソロツアー2013」
奇妙礼太郎(vo,g)
http://travel-swing.jugem.jp/?cid=1
「大根! 人参!ロックンロール!くよくよしようぜ!〜」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、のボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。
2013 年の春、自らの足で歌をつたえるべく全国ツアーを行います。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

「及川恒平&さかもとふみや with 仲 豊夫 Live !」

OIKAWAKOUHEI.jpgSAKAMOTO.jpg
3/7(木)19:30〜 前売¥3500
「及川恒平&さかもとふみや with 仲 豊夫 Live !」
http://www.oikawasong.com/
http://sakamoto-fumiya.jimdo.com/
この間リリーさんを連れて来てくれたさかもと君、今度は及川浩平との金沢ツアーです。
小室等さんのコンサートでもよく及川さんの歌を歌ってますが、詩的な美しい歌ばかりです。やっぱりこの歌を。
http://www.youtube.com/watch?v=nDhM8-ubTVg
http://www.youtube.com/watch?v=sygdvNuUeaU

北陸では、滅多に見る事の出来ない『及川恒平』さん
唄とギターが一体化して、及川恒平の世界へ導きます。
代表曲:『旅立ちの歌』(TVドラマ・木枯らし門次郎のテーマ)
     『雨が空から降れば』『面影橋から』『ガラスの言葉』…。
     数えると切がないほど、名曲を生み出して来ました。
     その活躍は『六文銭』だけに留まらず『吉田拓郎』『上条恒彦』等
     多くのシンガーの曲も手掛けています。
是非、生の恒平さんを体験してみて下さい。

そして僕は、今年7月に『りりィ+洋士』と一緒に行った。
最高、最強のメンバーで行きますよ〜〜!!

『仲 豊夫』さん(G & Man)の簡単な紹介です。
大上留利子&スターキングデリシャスのギターリストとしてデビュー!
その後、シェリフ、忌野清郎、西岡恭蔵、宇崎竜童、円ひろし、豊田勇造…。数えれば切がないほど多くのミュージシャンの音を作って来ました。変わったところでは、ピンクレディーとジャンル・アーティスト関係なく多くのシンガーから信頼される最高のギターリストです。

『井山あきのり』さん(Pf & Aco)
関西で行われるレコーディングには、必ずと言っていいほどピアノで参加しています。
『西岡恭蔵』『大塚まさじ』『あがた森魚』はじめ日本の大御所ばかりに留まらず、『エイモスギャレット』ジャパンツアーではピアニストとして同行する等、そのテクニックは流石としか言いようがありません。

是非、『及川恒平』さん共々『さかもとふみや with 仲 豊夫 & 井山あきのり』もお楽しみ下さい。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

[ Fanfare Roma'n-Garde大進撃!] 「ファンファーレ・ロマンギャルド」

FANFARE-WEB.jpgMINORI-thumbnail2.jpg

3/8(金)19:30〜 前売¥2000
[ Fanfare Roma'n-Garde大進撃!]
「ファンファーレ・ロマンギャルド」
http://www.facebook.com/romangarde
瀬戸信行(cl)イガキアキコ(vln) 登敬三(ts) 照喜名俊典(eupho) 熊坂義人(b)
ワタンベ(ds) 池田安友子(per) MINORI:belly dance
さあ、狂熱のロマンギャルド、叫び、踊り、歌い、美貌のMINORIちゃんが舞います。
関西の精鋭達が結集したジプシー・ブラス、春の到来、そして宴の始まりです。
http://www.youtube.com/watch?v=5VdsPPthyYo
まあ、いろいろありますが、楽しい夜を!

posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

「男子二楽坊 春ツアー 『あなたの鼓膜をやさしく刺激する』〜"開膜戦!2013!!"」

越田2013アー写.jpg榊原大2013アー写.jpg
3/9(土)19:30〜 前売¥3500
「男子二楽坊 春ツアー
『あなたの鼓膜をやさしく刺激する』〜"開膜戦!2013!!"」
越田太郎丸(gt)榊原大(pf)
http://taroma.air-nifty.com/
http://sakakibaradai.eplus2.jp/
この二人、夢の組合せです。「たろま=だい」の美しい世界を。
「BOSSA DO MAGO」や「森」で活躍する越田太郎丸と名手榊原大、春を待っての全国ツアー、もっきりやでは初めてのデュオです。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

「大石昌良 マジカルミュージックツアー 2013」

大石アー写-WEB.jpg

3/10(日)17:30〜 前売¥3500
「大石昌良 マジカルミュージックツアー 2013」
http://www.014014.jp/
惜しまれつつ解散した3ピースバンド「Sound Schedule」のボーカル&ギター。
2008年6月25日にマキシシングル「ほのかてらす」でソロデビュー。
2009年6月にはサードマキシシングル「ラブ」に続き、同年10月に「幻想アンダーグラウンド」さらに「G.D.アトラクション」とリリースラッシュが続く。
2011年9月には5年ぶりに「Sound Schedule」復活。
そして2012年1月25日、待望のサードアルバム「31マイスクリーム」をリリース。リリース後は、弾き語りによる「Acoustic Scream」とバンド編成による「Band Scream」の2つのツアーを行った。
2012年9月、10月のSound Scheduleの活動と並行し次作も制作中。
昨年に引き続きもっきりやでファンの熱い声援に答えます。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

「石田ショーキチ... Door to spring tour 2013 in 金沢」

shokichi_ishida-WEB.jpg
3/11(月)19:30〜 前売¥3000
「石田ショーキチ... Door to spring tour 2013 in 金沢」
石田ショーキチ(vo,g)
http://scudelia.net/
デビュー20周年を迎える石田ショーキチが、もっきりや初登場。
「スパイラルライフ」「スクーデリアエレクトロ」などの活動を経て、近年ではスピッツ、COCCOなどをはじめとする様々なアーティストのサウンドプロデューサーとして活躍する。
あの伊藤銀次を以ってして「グランジ界のナイアガラ」と呼ばせる。オルタナティヴ/エレクトロニックサンドと'60s〜'70sブリティッシュポップを規範にした徹底的な美メロ主義。「ロックンロール・ハイエナジー・サウンド」とその精神は、高い評価と支持を受け続けている。
今年、デビュー20周年を迎え、様々な形のリリースとライブを展開予定。
12弦ギターを掻き鳴らし、ツェッペリンから現代のアイドルまで、世界の名曲を再構築する爆音アコースティックをお楽しみに!

趣味は魚釣り、キャンプ、ヨットなどのアウトドア遊びに加え、機械の修理・改造、特にクラッシックポルシェのレースカーを自分達で製作してレースに参戦するなどの徹底的な凝り性。国産ギターに強く拘る。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

「金大MJS卒業ライブ:小川賢人&河井翔平」

OGAWA-fad3e-c22a1-577cb-thumbnail2.JPGSHOHEI-thumbnail2.jpg

3/15(金)19:30〜 ¥1000
「金大MJS卒業ライブ:小川賢人&河井翔平」
小川賢人(p) 河井翔平(b) 他
ビッグバンド志向の部員が多い中で、コンボも真剣に追求してきた二人が晴れて社会人、小川君は県外へ、河井君は石川県で、と違いはありますが、とにかくキャンパスからは離れることになります。
ある意味、金沢のジャズシーンにとって欠かせない二人だったのですが惜しんでいてもしかたがありません。22日の卒業式前の一夜、彼らのギグの後はセッション、みんなで旅立ちを祝ってあげましょう。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

「竹仲絵里 揺籃歌 第一夜〜ギターとピアノとわたしと〜」

TAKENAKA.jpeg

3/16(土)18:00〜 ¥4000
「竹仲絵里 揺籃歌 第一夜〜ギターとピアノとわたしと〜」
竹仲絵里(vo,g,p)
http://eri-takenaka.com/
(PROFILE)
インディーズ時代にリリースしたシングル、ミニアルバムがそれぞれTOWER RECORDSインディーズチャートでトップ・セールスをマークし大きな話題となる。70'Sのソロ・アーティストの佇まいを感じさせる彼女のパフォーマンスは既に各方面で熱い注目を集めており、また、聴き手をやさしく包み込む歌声に癒されるという人が後を絶たず、幅広い年齢層の男女から熱烈な支持を受けている。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

「竹仲絵里 揺籃歌 第二夜〜ギターとわたしと〜」

ERI.jpg
3/17(日)17:30〜 ¥4000
「竹仲絵里 揺籃歌 第二夜〜ギターとわたしと〜」
竹仲絵里(vo,g,p)
http://eri-takenaka.com/
リリカルなジブリのカバー集「記憶の森のジブリ」、最近作の北欧ノルウェーにて現地のミュージシャンたちと自身初海外レコーディングを行い完成したミニアルバム「Sang」と元気な竹仲絵里、もっきりやでの2デイズ、素敵な時間になりそうです。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

「ブルームーン・カルテット...春よ来い!」

BLUEMOON.jpg
3/19(火)19:30〜 前売¥3000
「ブルームーン・カルテット」
黄啓傑(tp)富永寛之(uke)木村純士(dr)工藤精(b)
http://ameblo.jp/bmq2009/
きっと「聖夜」や「クリスマスイブ」から一番遠い所にいそうなブルームーンカルテット、ところが彼らの新作「ブルークリスマス」がなかなか素敵で(ロッド・スチュアートってわけにはいかないけど)、でもあっという間に新年になって、きっとすぐに梅、桃、桜の季節にいってしまうのです。
桜の季節にはまだちょっと早いこの夜のブルームーン、温かい音色とエッチなフレーズで固いつぼみを開いてやってください。
あなたたちならできる!
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

「長谷川朗=側島万友美(そばじま まゆみ)=中道みさき=ポール・ドワイヤー」

hasegawaro-thumbnail2.JPGSOBAJIMA.jpgPAUL-thumbnail2.jpegmisaki_08.jpg

春休み、休日の午後、アフタヌーンスイングといきましょう!
3/20(水・祝)15:00〜 ¥2000
「長谷川朗=側島万友美(そばじま まゆみ)=中道みさき=ポール・ドワイヤー」
長谷川朗(ts)側島万友美(as)中道みさき(ds)ポール・ドワイヤー(b)
http://d.hatena.ne.jp/altosobajima/
http://misaki-beat.info/
大阪の「SUB」のマスターやりながら関西ジャズライブを盛り上げている長谷川朗、またまた楽しいメンバーを連れてもっきりやに現れます。
名古屋で活躍するアルトの側島万友美、「金沢ジャズストリート」でグランプリをとった「あきは=みさきバンド」のドラムス中道みさき、12月にサイモン・コスグローブと素晴らしいトリオを聴かせてくれたベースのポール・ドワイヤー、二サックスにリズムというエルヴィンのライトハウスみたいな編成、
岡田勉4で峰厚介とフロントを組む側島万友美が聴ける
http://www.youtube.com/watch?v=tRzEbhvRx0k
そして中道みさきの素晴らしいドラムが聴けるYOU TUBEはこちらから。
http://misaki-beat.info/movie_01.htm
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

「松永貴志ピアノソロ...全国ライブツアー2013」

matsunagatakashi-WEBjpg
3/23(土)19:30〜 前売¥3500
「松永貴志...全国ライブツアー2013」
松永貴志(piano solo)
http://www.takashimatsunaga.com/
前回のライブの時金沢では「坂道のアポロン」が放映されてない事を知りがっくりしてた松永君ですが、金沢で初めての彼のピアノは」そんなこと関係なしに素晴らしいものでした。美しくキャッチーな自作曲とおなじみのジャズのスタンダードを織り交ぜたピアノソロは彼のコアなファンでなくても強く引きつけられるステージだったと思います。
春の暖かな土曜の夜、金沢で松永貴志を聴くのはいかがですか?
http://www.youtube.com/watch?v=iinoRBCd4g8
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

「柏木広樹 “musicasa”&光田健一 “HIKARI no SATO” 発売記念 〜二人旅〜」

hirokikashiwagi_1.2.jpgkenichimitsuda12.jpg
3/24(日)17:00〜 前売¥5000
「柏木広樹 “musicasa”&光田健一 “HIKARI no SATO” 発売記念 〜二人旅〜」
柏木広樹(cello) 光田健一(piano,vocal)
http://www.hirokikashiwagi.com/
http://www.kenichi-m.com/
ゴージャスでドリーミー、この二人が一年ぶりに金沢へ帰ってきます。
葉加瀬太郎、上妻宏光、本田雅人、CHORO CLUB、榊原大、NAOTOなど最高の仲間と作った「musica+casa=音楽の家」をリリースした柏木広樹と、チェンバー・オーケストラとの共演で新作「HIKARI no SATO」をリリースした光田健一、二人の名手がつむぎだす音のタペストリー、素晴らしい音楽がここにあります。
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

「是巨人....鬼怒無月=ナスノミツル=吉田達也」

是巨人-WEB.jpg
3/26(火)19:30〜 前売¥2800
「是巨人....鬼怒無月=ナスノミツル=吉田達也」
鬼怒無月(g),ナスノミツル(b),吉田達也(ds)
http://mabokido.web.fc2.com/
http://www5e.biglobe.ne.jp/%7Eruins/
とにかく何よりもこのサウンド聴いてください。
http://www.youtube.com/watch?v=WBrgCUBAHcg
昨年の「ウンベルティポ」もびっくり、音楽は何処まで行けるか、という壮大な実験のようにも聞こえます。見届けて下さい!
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

「あんみつ10周年企画 anmi2 Featuring 須藤満「あんみつる!」」

anmi-2-thumbnail2.jpgMitsurusuto.jpg

3/28(木)19:30〜 前売¥3500
「あんみつ10周年企画 anmi2 Featuring 須藤満「あんみつる!」」
安藤正容(g) みくりや裕二(g) 須藤満(b)
http://www2.odn.ne.jp/anmi-2/
http://www1.tmtv.ne.jp/~sutoh/
今更なんですが「あんみつ」という名前、あんなロマンティックでスマートなステージなのに、などと思っている人もいると思いますが、言うまでもなく安藤正容の「あん」とみくりや裕二の「み」、そして2人という意味での「2(ツー)」が合体したものです。
などということはファンの人ならみんな知ってるのですが、彼らの選曲の趣味の良さとそのセレクションにふさわしいアレンジ、そして勿論二人のギターのサウンドの魅力があわさると、これぞ最高のアコギ・ユニットです。
しかも今回は秀景満の須藤満が一緒というデラックスヴァージョン、これは絶対に見逃せません。自分のバンドでもサポートの時でもひょうひょうとして、でもグルーヴィーなベースを弾く姿は「あんみつ」には一番合っているのかもしれません。
あんみつも結成10周年、ずっと付き合って来れた事本当にうれしく思っています。
これからの十年もまた!
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

「Hyclad... 伊藤芳輝&Yui」

TERU&YUI.jpg

3/29(金)19:30〜 前売予約¥3000
「Hyclad... 伊藤芳輝&Yui」
伊藤芳輝(g) Yui(vln)
http://www.hyclad.jp/
http://spacone.exblog.jp/
http://ameblo.jp/yuimoyou/entry-11411206286.html
この頃スパコネ以外の多方面でのライブの多い伊藤芳輝、とても魅力的なヴァイオリニスト、Yuiとのロマンティックなユニットです。

(profile)
クラシック出身で民族音楽を得意とするヴァイオリニストYuiと、スパニッシュ・コネクションを中心に多方面で活躍するギタリスト伊藤芳輝が、それぞれのフィールドで培った音楽的スパイスをふんだんに盛り込み、大胆な切り口でクラシック曲を表現するユニットです。
オーケストラの曲からピアノ曲まで、弦楽器の魅力を最大限に生かしたダイナミックでスピード感溢れるHiperなLIVEステージを実現、複数のミュージック・エレメントが融合し、ここにHybridした新しいクラシックのかたちが生まれた。





posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

「原田喧太....生きてるうちが花なんだぜ」

kenta.jpgkenta1.jpgf299aea3.jpg4.jpeg

3/31(日)19:30〜 ¥2500
「原田喧太....生きてるうちが花なんだぜ」
原田喧太(vo,g) ヘッケル(vo,ds)越中(g,vo)&フレンズ
鮫島 秀樹(b)、急きょ参加決定!元ツイスト、HOUND DOGのベーシスト、凄い!
http://www.kenta-harada.com/
http://ameblo.jp/samesame-same/
15歳の時、桑名正博バンドにギタリストとして参加、吉川晃司バンドで鳴らし、多彩なメンバー吉川晃司とのバンド、ツアー、レコーディング、セッションと大活躍、カッコいいギタリスト原田喧太が突然のライブ決定!ヘッケル&越中とのセッションも楽しみです。
もっきりやのお客さん的には原田芳雄さんの息子さん、という紹介もありかもしれません。
今見てもぐっとくるこんな画像を。
http://www.youtube.com/watch?v=GIa_I0VoeoI
posted by mokkiriya at 00:00| 2013年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする